20240618 プーチン訪朝など

いきなりですが、プーチンは今日から2日間平壌へ、その後国賓待遇でハノイを訪問すると発表されました。トップが訪問する際にはもう根回しは終わっていると思うのですが、今回は何がポイントなのでしょう。

 

流れから言って、北はもう完全にロシア親密国になったと。ベトナムは無節操に?バイデンも習近平も訪問を受け入れていますから、何らかのバランスを追求している感じもします。でも心はもうBRICSじゃないでしょうか。

 

昨日夕方にテレビニュース見ましたが、プーチン北朝鮮訪問は24年ぶりとのことで、前回の時の動画、金正日とハグしている様子など見ると全然別人だから。これ見て、日本の視聴者は何も思わないのでしょうかね。

 

ロシアは、西側プロパガンダとは違って、それほど無茶なことをしていないし、周辺国からのしじもじわじわと増えているんだよ、というようなメッセージを世界に伝えるためには、有効な行脚のように思われます。このタイミングだし。

 

速報で入ってきたのが「ネタニヤフが戦争内閣を解散」。戦争内閣とは、日本でいうところの挙国一致内閣(大政翼賛会)みたいなものらしいです。解散と言うけど、実態はそこから停戦も視野に入れる勢力が次々辞任して穴が埋められない状況というのが正しい気がする。それに対してネタニヤフが、もうあまり引き止めなくなったような。これは一歩前進ですかね。

 

次に気になったニュースは連合東京が実は小池百合子支持を期間決定していないとのこと。でれでれ草さんは、これ(連合が小池支持)は読売の意図的な誤報で、組織票が集まら雨なら蓮舫敗北もやむなしとの雰囲気を作り出し、実はムサシのフル活用で再選、という線を狙っているのではなかろうかと。ありうる話でしょう。ただ小池は死に体に見えるし、仮にムサシをフル活用してくれる協力者があるとしてそれは誰なんでしょうか?自民党が小池支持を表明した時小池は「ありがたい」と言ったようですけど。意外にこんなところで選挙の帰趨って決まってるのかもしれません。

 

今日はニュースの引用だけで終わる感じですけど、私は一体何をしているのかといえば、海辺に住む漁師の心境で、津波が来るのか来ないのかをじーっと見ているのと似ているような気がします。世界平和をもちろん望むわけですが、正直なところ、地球の裏側のことなんて実感ありません。ただただ自分とその周辺、広く見ても日本国、東アジア、そのあたりがこれ以上、変な連中の思惑でいいように乱されることがない世の中になってほしいし、そうするためには自分に何ができるか、またそうならないならどう生きようか、そんなことを考えるために、世界がどう動いているのかは常に観察しておく必要があると思うから見てるだけです。