津波の速度

トンガの爆発した火山から日本までの距離は8千キロ。

 

爆発は一昨日午後1時過ぎ。気象庁が一旦は津波の心配なしとしておきながら「訳がわからない、初めての現象だ」と前言を翻して警戒警報を発したのが一昨日午前0時前後。津波の到達が観測されましたとの動画が報道で配信されたのがその大体4時間後。ということは、発生から15時間で日本に来たってことになる。

 

時速どれくらいだよ。

 

8000キロを15時間で割ると時速530キロ。

 

新幹線の最速「はやぶさ」は時速300キロという。時速500キロはリニアモーターね。どれだけ速いんだ、津波

 

普通の津波の速さを知っている人がいたら比べてほしい。今回のは異常。

 

津波が異常というより、起きていることが異常。報道も異常。気象庁は戸惑いを隠さなかったところが偉い。伝わった。