20221007 指導者の頭の中

ロシアが占領地域の中でウクライナに攻撃されて撤退している。プーチンの思惑ちがいだ、軍の司令部が無能だ等々の報道が見られる。

 

プーチンというかロシア指導部の頭の中、戦争目的を考えないと評価はできないと思った。

 

ロシアは何を目指しているんだ。何のための戦争なのか。その中で、占領地域の防衛はどれほどの重みを持っているのか。

 

ロシアの戦争目的は、プーチンの演説から読み取れる。西欧支配、嘘の帝国を改めることだ。具体的に言えば、ドル支配、金融支配の世界構造をひっくり返すぞと言っている。

 

抽象的だ。

 

で、実際にやっていることは経済封鎖を契機に西側経済圏から自国を切り離し、並行して資源外交で中国、インド、旧ソ連諸国などとの連携を深めている。ここまでなら単なるデカップリングだ。それだけなら嘘の帝国を突き崩したことにならない。ただし第一歩ではある。

 

経済的なデカップリングで自国を西欧金融支配経済から切り離すことが最終目的なら、ウクライナ戦争は経済制裁を引き出すためのきっかけにすぎない。それはうまくやれたと思うし、もう少し長引かせれば西欧はますます強く経済制裁してきて、デカップリングは一層進展するだろう。

 

問題はその次だ。嘘の帝国をぶち壊すには、G7の社会経済体制をひっくり返さないといけない。これをどうやるのか。

 

体制をひっくり返すということは、国民を政府から離反させるという意味だろう。G7は一応民主主義の体裁をとっているから、選挙で現政権が否定されれば体制は外見上、ひっくり返る。ただし問題は、今回のコロナワクチンで露呈した通り、一国の政治家集団が丸ごと嘘の帝国の住民である場合、政権交代が真の意味での大勢の転換にはならないという点だ。仮に立憲民主党を中心とした政権が誕生しても、ワクチン接種は推進するんじゃないか。

 

ということは、今の政治家集団の全体を葬り去るような大きなことをG7でやらないといけない。ターゲットになっているのはドイツかな。エネルギー供給を絞る。国民は政権から離反するが、政権交代してもエネルギー問題は解決しない。さあどうするか。アメリカ支配から抜け出るしかない。そういう結論に持っていく。欧州の他国も抜ける。

 

そうやって、嘘の帝国の被支配諸国を次々と離反させる。最後に残るのはどこか。アメリカ左派とイスラエルだ。イスラエルは叩くだろう。そこまでいくだろう。だからウクライナ東部4州を併合して陸路で黒海まで出られるルートを作った。そのための(だけではないが)ウクライナ侵攻だったとすれば理解できる。だから併合地域の西の外れの都市の防御とかは本当に小さなことだと思う。今の焦点は、この冬の欧州へのエネルギー供給だ。ドイツの政権がアメリカからの離反を決意するかどうか。するんじゃないか?そうしたら来年はロシアのイスラエル信仰があるだろう。そのための予備役招集だと思えば、訓練期間数ヶ月。辻褄があう。

20221002 表の世界

ある国際学会に参加した。

 

技術者の集まり。イノベーションについて語り合う。

 

mRNAワクチンは超スピードで開発されて人類に大きな恩恵をもたらしたが、その前に20年にわたる地道な研究の蓄積があったことを忘れてはいけない、というような文脈でイノベーションを語り合う。

 

アメリカ人、カナダ人、フランス人、ドイツ人、オーストラリア人、インド人、そしてもちろん日本人も中国人もいた。

 

マジか。

 

自分はもう、アレだから、それはそうと副反応で死亡例が万単位で報告されてるけどあれはワクチンとしては失敗作ではないのかとか、十分な治験も行わないで緊急承認とか特別承認とかを連発した世界の行政に問題はなかったのかとか、言ってもいいけど無駄に敵を作っても仕方がないと大人の判断をして沈黙は金を決め込んでいた。

 

この空気は変だよなあ。

 

学会というのは、甲論乙駁、意見を戦わせるのが本筋でしょう。自分以外の全ての参加者がmRNAワクチン賞賛の嵐というのは不思議な現象だ。

 

これが表の世界なのかな。なかなか強力だ。今でも。

 

来年、この中の何人と再会できるかを考えていた。ていうかもう出ないわ。意味ないこれ。

20221001 プーチンの演説

こんなことを書くといけないのかもしれないけれども、プーチンの演説は立派だ。

 

嘘がない。

 

こんなに嘘がなくていいのかと思うくらいだ。

 

もちろん、発言内容には取捨選択がある。これは今言えないよということは言っていない。しかし、言っていることには嘘がない。

 

日本社会のように、嘘を嘘と指摘せずに空気を読みながら保身最優先で暮らしていこうという人が多数派である中でひっそりと暮らしている自分のような人間は、ある種のカタルシスを感じざるを得ない。

 

よく指摘されているように、今のプーチンプーチンではない。二代目か三代目だろうということだ。昔のプーチンの画像と比べてみればわかる。もう世界の指導者に本人はほとんどいなくて、トランプもバイデンも習近平も岸田もみんな二人目か三人目だ。その中で出色なのはやはりプーチン。飛ばしてる。

 

そう。真っ当な世界を世界人類は求めている。そのことをプーチンはよくわかっている。そして、それを実現するためには多くの血を流さなくてはならないことも彼はよく認識している。

 

なぜか。

 

嘘で固めた世界を希求する一群がいるし、その連中がこれまでの世界を仕切ってきたからだ。

 

ロシアが本気でそれに対抗している。本当は、日本も加わらないといけないんだと思う。

 

20世紀の初頭、イギリスは日本とロシアを戦わせ、日本を支援してロシアを破りロマノフ王朝の崩壊を実現した。その功ある日本をアメリカと共闘して30年後に潰した。

 

もうイギリスにそんな仕切り力はないだろうが代わりをアメリカがやっている。NATOにロシアを潰させ、それが成功しても失敗してもヨーロッパを沈めるつもりだ。

 

こういう騙し合いをやっている連中は、もう長くないのではないか。嘘のないプーチン演説。正直者がいい目を見ない世の中だが、今回はなんとかしたい、なんとかなってくれと正直に思う。

20221001 ロシアは安倍を評価している?

国葬に閣僚は出さなかったが派遣されたロシア高官は安倍氏のことを高く評価するコメントを残して離日した。

 

その内容は、故人は日本がアメリカの支配下にありつつもいずれ自立しなければならないことをよく考えていた人物だったというのである。プーチンとの27回の会談もそのことを表していると。

 

俄には信じられない情報だが、ゆっくり考えてみる価値はありそうだ。

 

そういえばメディアは米国支配下にあるのだろうが、安倍氏に対しては厳しかった。一方で岸田氏に対してはほとんど何も言わない。こういうところもよく考える必要がある。

20221001 ロシアはイスラエルを視野に入れた

プーチンの演説はいつもすごいなと思う。率直だ。アメリカが諸悪の根源だとはっきり言う。原爆を2回も落としており、ベトナムや韓国にも多大な負の痕跡を残したとはっきり言う。

 

しかし言えないこともある。言っていないこともある。

 

今回、併合した(する)ウクライナ東部は既に併合したクリミアに直結していて、これが全部ロシア領になったらロシアは陸路で他国を通らずに黒海に出られる。なんかしてボスポラス海峡を通過すれば目の前にあるのはシリア、レバノン、そしてイスラエルだ。

 

これはチェスなんじゃないか。

 

まず飛び地のクリミア。ここの併合が2014年だっけ。当時から、プーチンは直接黒海に出るルートを想定していたと思う。ウクライナ東部4州がロシア系住民の土地で、ウクライナ政府から弾圧されており、いずれ救済しなければならないという点も認識していただろう。

 

問題はタイミングだけだったのかもしれない。

 

この時期、ロシアは予備役の招集を始めた。正規軍だけでは不足するような事態を想定し始めたと言うことだろう。それは何か。

 

懸念事項があるとすればトルコ。ボスポラス海峡をロシア艦隊に通らせるか。エルドアンは曲者というか腹芸の持ち主でありなかなか本音を見せない。しかしここまでロシアが詰めてきて最後の最後にトルコが邪魔するという展開は考えにくく、おそらくもう握れているのだろう。

 

イスラエルまで行くんだろうな。行く可能性は十分に見て取れる。これはもう、第三次世界大戦という概念を超えて、500年の国際金融支配(ユダヤ系)に対する民族主義の最終戦争とでも言えるような構図だ。ところでユダヤと言われるがイスラエルは第十三支族と言って本来のユダヤ人ではなく、ユダヤ教に改宗したハザール人だとアーサー・ケストラーが書いている。ハザール人の故郷はウクライナだから、それもつながっている。偶然かもだが。

 

ノルドストリーム破壊はアメリカ説が根強い。これもチェスの一手だろう。ロシア対ウクライナの最終戦争というクライマックスに向かって、なぜこの手が打たれたのか読みきれない。ロシア犯行説も出ていることから考えれば、NATO対ロシアをけしかける作戦かもしれない。そうであるなら、イスラエルの自国防衛の一環とも解釈できるがそんなに上手く行くもんだろうか。

20220930 ノルドストリーム

米国犯行説がある。

 

ロシアには動機が見出せない。米露以外の誰かに可能な作業とも思われない。中国か?それはあり得ないと思うけれども、いずれにせよ相当の力を持った組織でなければ改定のガスパイプラインを破壊するなどという行為が可能なはずがない。

 

ロシアは自らの投資でこのパイプラインを建設してきた。自ら破壊する意味があるとすればそれはなぜだろう。思い付かない。ただしロシアは犯人の名指しを避けている。それは、わかっていないのではなくて、その名前を出すことの意味が大きすぎるからだろう。

 

国防総省国務長官は米国犯行説をそれは絶対にないと強く否定している。欧州各国というかEUはこれは自然的な破損ではない可能性が高いなどという言い方だ。

 

ドイツは背筋が凍っているのではないか。米国犯行説が正しいとすれば、米国が欧州とりわけドイツをどう見ているかが明らかになったからだ。ロシアはこの期に及んでEUに燃料を提供し続けている。ウクライナにすら提供している。ロシアの敵はEUではないことがこれでわかる。

 

EUアメリカの言いなりだったのだろう。アメリカについていく。民主主義を守り権威主義国に屈しない。そのロジックで歩調をあわせてきた。日本もそうだ。アメリカ親分に逆らうととんでもないことになる。渋々の部分も多かったはずだが、長いものに巻かれて保身を図ってきた。

 

親分があの組(ロシア)は敵だというから一緒になって制裁してきた。ところが制裁されても敵のはずの組はキチンキチンと米を売ってくれた。そしていよいよ敵の組との抗争が本格的に始まる。その時親分は敵の組から送られてくる米の通り道を破壊してしまった。そしてそれは敵の組がやったことだろうと言っている。

 

そうなった時の子分ドイツの気持ちたるやという話である。

 

今まで散々親分のいう通りに敵の組に対して制裁を加えてきた。今さらあれは間違ってましたと組員には言えないだろう。

 

親分の気持ちは、お前ら死んでこいだとわかった。親分は、敵の組と自分の子分の組を構想させて両方とも潰してしまえと考えているのだろう。そう想像できる。

 

妄想すぎるかな。まあアメリカも一枚岩ではない。こういうことがあるとすれば民主党・金融業界・グローバリストの仕切りだろう。

 

投影ヤクザ映画なら、ここまで虚仮にされた子分の組の組委員の中に正義感の強い連中がいて、大親分への反抗を躊躇う組長に直訴し立ち上がる流れだ。そしてそれが拒絶されたなら有志で道行するのである。

20220929 一度整理しておく

世界には①金融系支配層②(そこから脱却しようとする)実物系・民族派がいると仮定すると整理しやすいかなと思った。

 

①は②を牛耳ってきた。①はひたすら利回りを追い求める。戦争を起こし、当事国両方に金を貸す。社会問題を起こし(環境、疫病)、対策の投資に金を貸す(原子力、ワクチン)。国の財政を膨張させ、政府に金を貸す(国債)。利回りが得られれば場所はどこでも良いので基本的にグローバリズム。国による制度の違いがあると面倒なのでワンワールド志向。為替を乱高下させて差益を取ることもやる。

 

このように世界を股にかけて利回りを追い求める民族がいる。代表はユダヤ人、次に大英帝国、そして客家。多分、この3つは相性がいいんだと思う。彼らには②民族派は邪魔なんだろう。

 

②はもうたまらんと言うことで反撃し始めた。トランプ、プーチン、そして習近平。トランプはアメリカの実物経済回帰を目論み、プーチンはロシアでそれを達成した後に①の殲滅を目指してイスラエルまで射程に入れている。

 

中国はどうか。毛沢東は②。鄧小平は①。同時代の李登輝もリー・クワンユーも客家。だからこの30年間、中国台湾シンガポールウォール街から莫大な資金が流れ込んだ。グローバリストつながりだから米民主党だろう。中国の工業化で米金融はボロ儲けしたはずだ。

 

だが工業化はいずれ終わる。既に終わっているようでもある。不動産バブルで今の中国は日本の1990年くらいの感じになっている。外資は資金を引かないといけないタイミング。だからでカップリングをやっている。習近平は②に引き立てられてトップに立ったがやっていることは一帯一路にせよ対米経済安全保障にせよ①であることは間違いない。

 

①は追い詰められている。もう利回りの狙えるところがない。戦争くらいだろう。だからウクライナにロシアを誘き出し、戦わせて武器を使わせて延々とそこに予算を注ぎ込ませている。同じことを極東でやろうとして民主党議員が台湾を訪問し中共を刺激し続けている。蔡英文客家だから協力的だ。大陸の方では大英帝国が作った都市である上海の系統が(客家ではないにせよ)グローバリストに近い。江沢民系と言ってもいい。こっちは戦争上等と考えるだろう。中国の現政権が上海を仕切りとロックダウンさせるのには意味がある。

 

米国民主党ウォール街、台湾政府、大陸上海系は台湾有事を起こしたくて仕方がない。そこを中共の②が踏ん張っている。習近平は戦争を望んでいないと思われるし、中共にとってメリとも動機もないと考えている。そのせめぎ合いだ。偶発的に、あるいは偽旗で事変が起きる可能性はあるんだろう。

 

その時どうなるかだが、意外にも①は自滅的だ。例えばワクチンだがパンデミック騒ぎを起こしてワクチンを大量に消費させれば製薬会社の業績を通して投資家が儲かることはわかるが、ならば安全なワクチンでも良かったはずなのに超過死亡を増やしている。特にG7で影響が大きい。このことは自国産の不活化ワクチンで凌いだ中露に対してG7の相対的地位低下をもたらす。つまり②が優位性を増す施策を①はわざわざやっている。カーボンニュートラルも然り。

 

①は利回りを追い求めるだけでなく、なぜか人口削減もしたがっている。この二つは本来両立しないが、おそらくなんらかの信念によるものだろう。①が②に対応するためには「力」で勝らないといけないが①は力の根源である人口を減らす方針である。そう考えると、国民の繁栄を考える②が中長期で優位にあることはおそらく間違いない。短期的に①は世界大戦を起こして全てチャラにするしかないだろうから、極めて重要なせめぎ合いが今起きているのかもしれない。しかし、①は思想的に矛盾があるから最終勝利は難しいだろう。