20240226 織り込まれた株価暴落

ネット記事から。米富豪が保有する株式を大量売却。

 

ジェフ・ベゾス;アマゾン株85億ドル(1兆3千億円)

マーク・ザッカーバーグ:メタ株4.3億ドル(645億円)

・ジェイミー・ダイモン:JPモルガン株1.5億ドル(225億円)

ビル・ゲイツ:全ポジション売却(金額???)

 

一方で著名投資家ウォーレン・バフェット氏は日本の5大商社の株式を買い増し、シェアは9%に達したとの報道あり。

 

素直に読めば、米国株は暴落カウントダウン開始。日本株はどうせ連れ安になると思うが中長期には回復するのはこっちの方ということかな。で、現状でも割安であると(円安だし)。NISAに退職金を投じた人もいるようですが、外国株で構成した投資信託など買わされているようですから、そろそろ危ないと考えた方が良いと私は思います。

 

ところで昨日の投稿は文章が拙かったようですけど、トランプが発出した「選挙で外国と連んでインチキした者は財産没収する」大統領令をバイデンが破棄していない、その意味するところは、2020年大統領選挙で中国等と連携して米民主党が不正を働いた証拠は明らかにトランプ側(軍の諜報活動によるとされる)に掴まれているので、自分の首を絞める大統領令をなぜバイデンが放置している、しかも更新延長しているのか、そこを言いたかったわけです。分かりにくくてすみません。

 

大統領選当時の米軍首脳部はトランプ任命の将軍たちでしたが、バイデン政権になってから一部は交代させられ、例えばクリス・ミラー国防長官代行は政権交代後退任し、議事堂襲撃事件に関する公聴会でトランプを非難するかのようなコメントを発したとされています。一方でトランプからサイバー軍の長官に任命されたポール・ナカソネはこの2月まで在任していました。この辺りも含めて、米軍の動きは非常に分かりにくく複雑になっていますが、この点についてはまだ私も勉強中なので追々追記することもあるかと思います。

 

日本のメディアもウクライナが劣勢であることなど渋々報じ始めました。ということは、それを報じてもいいよ、というご指示があったんでしょう。

 

ブログ名の修行者は何の修行をしているんですかと問われますが、繰り返しになるけど、自分の頭で考えられるようになりたい、そのために試行錯誤しているというところです。自分の頭は自分だけのものではなくて、何か拠り所があって、それに基づいて考えを決められるようになりたい、その拠り所とは親でも政府でも先生でもましてアメリカでもヨーロッパでも中国でもなくて、私が望むのは造物主の天意とでもいうようなものがあるはずで、そこを探ってみたいというような話です。このブログは、世の中に起きていることに関して、現時点の自分はどう見るか、どう判断するかを文字にしてみようというだけのことで、私にしてみれば「修行」のまあ一課程になるかもしれないなと。気楽にお読みください。

20240224 覆されていないトランプ大統領令

今年の11月は米大統領選挙が予定されていますし、民主共和両党の候補者選びのプロセスは日本でも逐次報道されていて、まあ色々あるがたぶんバイデンとトランプの対決だろうという認識は新聞テレビを頼りにしていてネットはあまり見ない人の間にも広まっていると思われます。

 

最近はMSM(メインストリームメディア)もトランプ復帰の可能性に言及せざるを得なくなり、「もしトラ」から「ほぼトラ」へ、などと言い始めました。ところで大統領によって、何が変わるのか。国境政策は変わるでしょう。関税政策も変わる可能性がある。極端な話としては、藤原直哉さんがいうように、FRB廃止だとか、ドル廃止に至るという見方も出ています。

 

一方で、変わらないのは何かについても一応の関心を持っておく必要があるのではないか、と考えたところです。例えば、私が最近読んだ西森マリーさんの「カバール解体大作戦」には、意外な指摘がありました。バイデンは、トランプの大統領令でけっこう微妙なものを否定せず更新しているというものです。

 

例えば2018年9月12日に発された大統領令。これは随分話題になってました。内容は、米国の選挙に外国勢力が影響を及ぼそうとした時、それに関与した米国人や米国企業の資産を凍結・没収するというものでした。大統領令の発出と同時に国家緊急事態宣言が発令されています。これをバイデンは期限が来ても廃止せず2度も更新継続しているということです。新聞テレビから情報を得る人は、ああロシアがハッキングしてトランプが大統領になることを防ぐんだろうな、と思うかもしれません。しかし発令時期は2018年ですから、2020年に行われた前回の大統領選でドイツやイタリア、中国などから不正操作ないし各種工作が行われたのは明らかで、この大統領令に基づいて捜査していたトランプ政権はその証拠を掴んでいれば(いるでしょう)、バイデン政権関係者(個人、企業)の財産没収が可能になっているはずです。また、今年2024年の大統領選挙でも、民主共和両陣営とも外国勢力の力も得て不正を行うことに巨大なリスクがつきまとうことになります。どう考えても、民主党に不利ではないでしょうか。なぜバイデンは廃止しなかったのか。

 

他にも、大統領選の後で設置されたトランプ派だらけの委員会をそのまま存続させているとか、不思議な事実がいくつもあると。そのことから透けて見えるのは、バイデン政権あるいは民主党はトランプおよび共和党のことを攻撃してはいるが実は首根っこを掴まれていて、勝負はすでに決しているのではないかということです。藤原直哉さんなど、我々が見ているのは3年前に撮り終わった映画だ、などと表現しているようです。

 

トランプが戻ってくるというよりは、トランプはその後もそこにいた、と表現すべきなんでしょう。それにしてもバイデンがトランプの傀儡だとは。これを受け止めるには、かなりの柔軟性が求められそうです。陰謀論者には、やっぱりね、という話に過ぎませんが。

20240224 天皇誕生日

昨日でした。

 

皇居に天皇皇后と長女そして秋篠宮夫妻と次女が並び、ガラス越しに手を振る姿が報道されました。天気は良くなくて、とても寒かったと思いますが、それでも1万人をこえる人出があったと聞きます。

 

この人たちは一体誰なのか?

 

いろんな説が出ています。その諸説を私も読んでいます。真相は分かりません。要するに、影武者説が色々ある訳です。

 

まさかね、とほとんどの人たちは関心を持ちません。

 

新聞テレビが報道していない説に惑わされるなんてお前は馬鹿だ、頭がおかしい、と言われることがわかっているから、私もあれは誰だと思う?などと人には聞きません。でも気になります。

 

彼らだけではなく、もう本当に多くの人たちが2.0あるいは3.0皿にはそれ以上のバージョンになりました。最近の報道や画像、動画だけ見ていると分かりませんが、5年前、10年前、そしてそれ以前の画像などと比べてみる気があれば、そしてそれを怪しむ感性があれば、まあ明白と言っていいと思いますけど。

 

こんなことを考えるようになったのも、この2年半です。もう元には戻らない。戻れない。怪しいことがいっぱいある。しかしそれを指摘してはいけない、そういう怪しいことが堂々と罷り通るのがこの世の中だ、それはなぜなんだ?そんなことを考えなくてはいけなくなったのだから、まあ大変ですよね。

 

一介の庶民としては、入れ替わるのはいいとして、またそれを指摘しないでお互いやってこうねという相互密約的なものがあっても別に構わない(例えばバイデン、習近平プーチンらが会合で「あんたホントは誰なんだ?」とお互いに聞かないとの約束)としても、具体的にどうやって入れ替わったのかなについては興味を惹かれますね。ある日突然なのか、準備万端整えてからなのか、昔からの友達とは会わないようにするのか、側近にはどう伝えるのか、右利きと左利きは調整しないのか(バイデン)、などなど、実務的というか具体的なところが非常に大変だと思うんだけど。それによって、どこまでがグルなのか、その範囲も決まってくるはずで。

 

各国王室の事務局(日本なら宮内庁)って、多分、そんな対応にけっこう時間と人材を割いていると思う。慣れてるんだろう。配役変更に伴ういろんなプロシージャがもうできているとも思われます。こんな頭で天皇誕生日の報道を見ている自分は、戦前なら不敬罪かも。

20240223 日経平均最高値

今朝の朝刊はこのニュースが大々的に一面を飾っているようです。昨日の木曜日、日経平均は3万9,098円まで上がり、1989年のバブル期に記録した最高値を更新したという内容です。

 

私は、いろんな経緯で多少の株式を保有してはいますが、値上がり値下がりはあまりにもわかりにくいので、これで利益を得ようとして売買することはありません。株式市場には非常に胡散臭い雰囲気を感じてきました。そこで、少しこの点について考えを整理してみたいと思います。

 

株式とは何かといえば、そもそもは会社を設立するためには資金がいるだろう、それを出してやると言ってくれた危篤な人に、それではお礼に利益が出た暁にはその一部を配当としてお渡しします。また会社の経営はあなたのお金の将来を左右するでしょうから、経営者はあなた(出資者)で選んでください。大事な経営判断は、あなた(出資者)の承諾なしにはいたしません。その権利を紙に書いてお渡ししますので保管してください。そういう証文ですよね。

 

ところが、出資者はその権利証文を売り買いし始めます。買い取った人物は、その会社の設立にお金を出したわけでも何でもありません。なのに株式を当初の出資者から買い取った瞬間に、経営陣の選択や重要事項の決定に参画できる権利を取得するわけです。本来、会社の設立に貢献してくれた出資者に対して感謝の意味を込めて権利を与える証文だったはずの株式が、市場で売買されることによって何が起きるか。株式を買い取りさえすれば、当該の会社に何らの貢献もしていない人物が、好きなように?意見を言い、また経営を左右する権利を獲得するというもので、まあ筋から言えば不思議な話です。

 

これを出資してもらった会社から見れば、自分達の経営の根幹に関する権利証書を、誰でも買ってください、買ってくれたら言われた通りにしますという条件で売りに出すわけですから、上場が目的だ、上場している会社は偉いんだなどと考えている経営者は気が違っていると私などは思います。しかし複数のあるいは不特定多数の権利者が目を光らせることによって会社は健全に経営されるのだという意見もあり、上場企業はそういう面では「信頼」に足るとされています。私は、眉に唾をつけて聞いています。

 

増税に次ぐ増税で一般国民の生活が疲弊してきたことが明らかな中で、企業収益は上がり、株価も市場最高値ということですから、これは何かおかしいと思わなければ常識人とは言えないでしょう。そこまでは直観でわかる。では何がおかしいのか。それを知るには若干のリサーチと思考が必要かなと考えます。

 

このブログ1回で詳しく私の考えを書き尽くすことはできませんが、まずは誰が買っているのか。報道では中国やアラブの富裕層が指摘されているし、外国人投資家が欧米含めてかなりいるようです。新NISAの効果で国内でも貯蓄から投資にある程度のお金が回ったようですが、どうも素人は銘柄を選べないらしくて投資信託の売上が増え、その投資信託は米国株を多く組み込んでいるとされます。

 

まあ、大体これで今回の株高のヤバさは知られると思います。今、株式を購入している人は投資先への思い入れなど何もない。いつでもサッサと逃げ出す人たちばかりだから、下がり出したら逃げ遅れた人がババを引く、そんなゲームが激しさを増したんだと見ます。むしろ、今、値上がりしていない株は何だろう。もし私が投資するなら、経営が安定していて株価が上下動していない企業に注目したいところです。でも本来なら、こんなインチキな仕組み(株式市場・金融市場)で資産を増やそうなんて考えない方が無難。日経新聞とか偉そうにしてますが、あれは要するに株屋の宣伝だと思っておけばば間違いない、と私は祖父に教わりました。

20240222 野蚕

今日あ個人的にとても重苦しいことがあって、いやだなあこの世の中はと思いながら習慣で逃げるようにネットを見ていて、気持ちが救われるような記事を見つけたので要約転載してみようと思います。

 

信州NewsWeb「『野蚕』死なせずに糸をとる方法考案 小学生が文部科学大臣賞」

https://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20240219/1010029837.html 

 

長野県岡谷市の小学4年生、八並伸之介さん。岡谷市でも盛んだった製糸業では、繭を煮て糸をとることが一般的だった。伸之介さんは5歳から野生の蚕「野蚕」を育てる中で、なんとか死なせることなく糸をとれないかと考え始めた。

 

育てていた8種類の蚕の中で、「ウスタビガ」の繭には丈夫に穴が開いていることを発見。そこで、その穴から幼虫を取り出した上で繭を煮て糸をとることに成功。幼虫は別の場所で育て、無事成虫に育ったとのこと。

 

この研究と実践が、全国規模の科学コンクールで最高の賞を与えられたとの報道です。

 

伸之介君は、「繭から育つ蛾も可愛くて美しいので、死なせずに糸を取り出せるとわかって嬉しかった。将来は虫などの研究者になりたい」と話しているとのこと。

 

絹はね。人間は、使わざるを得ないでしょう。私は、繭の中に生きた幼虫がいるまま茹でて糸をとっているとは不覚にも知りませんでした。今まで、述べ何万人何十万人の人が養蚕に関わっていたのか知りませんが、ついにこういう人が出てくるんですね。

 

こんなニュースを見て、私はなんとなくピピっとくるものがありましたけど、同じように感じた人もたくさんいるのではないかと想像します。上手く言えないけど、こういう感受性、こういう思考がこれからとても重要になる気がします。

 

動物性タンパク質が不足するからコオロギを食え、みたいな運動とは、ちょっと次元が違いますよね。

20240221 いやな話

なんか啓示とかこないかな、などと軽率に書いたのが良くなかったのでしょう。思いもしない概念が、いきなり私の頭に浮かんでしまいました。時事的なネタを扱わないで数日、悶々と心理的な方面で考えを巡らせていたのがいけなかったのかもしれません。

 

それは何かというと「神は(少なくとも現世においては)弱いものの味方ではない」というもの。こんなこと、考えたことはありませんでした。

 

英国はインドを植民地として、自国の綿産業を保護するためインドの綿織物産業に従事する人々が働けなくなるよう、彼らの両手首を切り落としていったと言います。その結果、インドの綿織物は壊滅し英国産が世界を制覇しました。

 

戦国時代の日本では合戦に農民が駆り出され、勝利した陣営は負けた軍に参加した農民たちを売り飛ばし(ポルトガル人が奴隷として購入し東南アジアに転売したとのこと)、その資産を略奪して栄えたと言います。これは原田伊織さんが繰り返し書いている。

 

日米政府あるいは国連は、国際社会における法の支配を強調しますが、いくら法律があったって、守らない国はある。それを守らせる軍事力がなければ、法は単なる文章に過ぎません。

 

これって、実は生物界を貫徹する摂理なのではないでしょうか。肉食動物は草食動物を食らう。これは、もう止めることはできません。神が弱いものを助ける存在であれば、肉食動物は存在し得ないでしょう。同じことが、人間世界にも実はあって、神が弱いものを助ける存在であれば、悪い奴が暴力で支配する構造はもっとずっと前に無くなってておかしくないけど延々と続いていて、これからも改まる気配はまあないじゃないですか。

 

弱いというのは、戦ったら負けるということです。戦ったら負けるというのは、力が弱い、相対的に暴力において劣後するということと理解されます。現世においては動物界も人間界も暴力が支配している。みんな仲良く暮らそう、強いものは弱いものを助けよう、という世界もないわけではないが、いざとなればそれは綺麗事に終わることが多い。そういう真実というか実相を、例えば私は綺麗事を望むが故にうっかり無視してしまう。

 

救いがあるとすれば、だからと言って弱いものが滅びるわけでもなく、強いものと弱いものが併存し続ける、という事実もまたあるということでしょうか。草食動物が全滅したら肉食動物は食糧がなくなる。そういう形で実は共存関係ができている。人間界も被支配層がいなくなったら支配層は存在できなくなる。ここにも共存関係が実はある。クローバリストとかカバルとか呼ばれる連中は世界人口は多すぎるとよく言いますが、これは実は支配層の人数に対して被支配層が多すぎることへの恐怖かもしれません。被支配層を全滅させようという発想ではないと思います。

 

竹下元首相は米国債を売ろうとして、米軍機でアラスカに連れていかれ、全裸で逆さ吊りにされて氷の海に浸けられた挙句、睾丸を破砕されて絶命したのだとまことしやかに語る動画を見ました。嘘かもしれません。でも帝国の支配は結局最後のところ、属国支配層への暴力とそれに起因する恐怖心を拠り所に行われているというイメージには整合する話です。

 

こういう啓示?が来るとは思わなかったな。いやな話で申し訳ないです。

20240220 ひらめきの来し方

トランプは昨年9月に、あと5ヶ月でひっくり返すぞとスピーチしたそうです。となればこの2月には大きな変革があって良さそうなものですけど、「遅れて」いるのかもしれません。そうこうしているうちにプーチンもナワリヌイ死亡で評判に若干の翳りが出てきました。習近平は最近、話題に出ませんね。日本は相変わらず裏金で大騒ぎですが、日本国内事情で自民党が倒れることは多分ないな、本国が倒れる時が総督府自民党政権の最後だからなと自分は思って見ています。

 

ところで、自分の思考は誰の思考なんだろうと。そんなことでここ数日、勉強したり書いたりしてきました。変でしょ。自分の思考は自分の思考に決まってるじゃないかと言われるかもしれませんがちょっと待ってください。

 

コロナ怖いぞと言われた時に、コロナ怖いと思った自分の思考は自分の思考だったのでしょうか。ワクチン効くぞと言われた時に、ワクチン効くぞと思った自分の思考は自分の思考だったのでしょうか。ロシア酷いぞと言われた時にロシア許すまじウクライナ可哀想と考えた自分の思考は自分の思考だったのでしょうか。

 

私はそうは思えなくて、こんなに簡単に乗っ取られる「自分の思考」って何なのか。こんな乗っ取りに簡単にやられる人ばかりだったら大変なことになるぞ、そう思ったのはやっぱりこの2年間。自分だって怪しいものです。今、こうやって文章を書いている自分の思考も、誰かに巧妙に背乗りされている可能性が否定できません。だから、思考というか意識ですね、その本性、正体について、考えておかなくちゃいけない、健全に疑うというか、意識的でいないといけないと思ってあれこれ考えたり書いたりしてるわけです。

 

昨日でしたっけ、宇宙意識みたいなものがあってそこに個人がアクセスすることもできるとか書きましたが、それってアカシックレコードでしょとなりますね。そうかもしれないけど、今ふうにいうならクラウドかな。そこには知というか、言葉では表せないような「アレ(岡田監督風)」が集まっている。例えばユーミンは深夜に一人でじーっと瞑想して、メロディーが降りてくるのを待つらしいけど、そういう旋律みたいなものも含めて「アレ」なんです。アレは、文章とは限らない。イメージだったり、旋律だったり、明暗だったり、色だったりするんじゃないでしょうか。「知」というか「智」というか。そういえば人智学ってありますね。あれもいいところまで行った感じするけど、もうちょっと純粋にやればよかったのかもしれませんね。

 

私の個人的な感覚で言うと、個体内で積み重ねた知見で回せる部分がある。自転車に乗れるようになったら自然に乗れる。これに「アレ」は必要ない。ルーティンになってます。これが一番小さな智。一人で行き詰まった時に、他人と会話したり専門外の情報に触れたりして閃くことがある。いい言葉ありませんが創発とか言いますね。これが2番目に小さな智。そう言うレベルを超越して、天から「アレ」が降りてくる。これを何と呼ぼうか。大袈裟かもだけど天啓としましょうか。小さい順にルーティン、創発、そして啓示。

 

まだまだあるかもしれません。が、今のところ、発想の根源には、この三つはある気がしています。私も数回アレが「降りて」きましたけど、たいてい、周囲の人には理解されないで、頭がおかしいと思われる前に引っ込めたりします。けど一人だけ、認めてくれた先生がいて、ああこの人は懐が深いなあと感動しました。

 

ちなみにこのブログは「日記」と名づけたので1日1個書いてますけど、そうやって書くことをルーティンにするとその制約条件のもとで何となく、書くことが湧いて出てきます。多分、あれこれインプットしたものの中から、今日はこれね、みたいな感じで取り出してくる作用がルーティン化しているのでしょう。中身がルーティンになるのは嫌だなあとか思いますが。何か、啓示を受けて見たいです。瞑想とかしようかな。